どこからもお金が借りれなかった方必見!他社がダメでもここなら借りれた!と人気の金融会社の情報です。

ここなら借りれる金融会社

ここなら借りれる

滞納した税金の支払いの為でもお金は借りれる

滞納した税金の支払いの為でもお金は借りれる

税金を滞納してるけど払うお金がない・・・。
税金を滞納しているから・・といって、お金が借りられないということはありません。目的が自由なフリーローンなら、延滞していたとしても税金の支払いに利用することができます。

税金は、滞納していると、延滞金がついて払う金額が増えていくばかりですし、最悪の場合、給料や、財産などが差し押さえられることもあります。

差押処分になると、預貯金や車などが差し押さえられたり、社会的信用がなくなるので、職種によっては失業することにもなります。

税金の支払いは、放置していれば事態が悪化するばかりです。

税金を滞納しているのであれば、一日でも早く支払ってしまうことをおすすめします。

ここで借りれた!滞納した税金の支払いにも利用できるローンはこちら!

税金を滞納しているとフリーローンの審査に不利になる?

税金を滞納しているとフリーローンの審査に不利になる?

税金を滞納しているのでフリーローンの審査に通るのかが心配です・・。
税金を滞納していることが理由でフリーローンの審査に落ちるということはありません。

滞納している税金を払いたいのでお金が借りたい・・!

けど、税金を滞納しているから、お金を借りられないかも・・。と心配している人もいるかもしれません。

ですが、税金を滞納していることが原因で、お金が借りられない・・。ということはありません。

フリーローンは、「JICC」「CIC」「全国銀行個人信用情報センター」という信用情報機関に登録されている情報をもとに審査が行われます。

住民税や、所得税、自動車税や固定資産税などの税金を滞納していることは、フリーローンの審査に利用されている信用情報機関に登録されることはありません。

なので、税金を滞納していても、お金を借りることができるのです。

自営業や中小企業での税金延滞は銀行では借りられない

自営業や中小企業で、資金繰りが厳しくて税金を滞納してしまった場合、銀行からお金を借りるのは難しくなります。

なぜなら、銀行から融資を受ける場合には、必ず納税されているかどうかがチェックされているからです。

そういった時には、柔軟審査で借りれる中小金融のビジネスローンがおすすめです。

中小金融のビジネスローンなら、滞納している税金の支払いにも利用できるところもあるので、そういったところなら、延滞している税金の支払いに利用する事も可能です。

延滞している税金の支払いにも使える中小金融のビジネスローンはこちら!

税金滞納から差し押さえまではどのくらいの期間がある?

税金を滞納してどのくらいで差し押さえられるの?
法律上は、督促状が発送された日から10日を過ぎると、財産を差し押さえすることができると規定されています。

税金を滞納しても、すぐに差し押さえられるということはありません。

納付期限内に税金を支払っていない場合、納付期限からだいたい20日~30日以内に督促状が送られてきます。

督促状が送られてきても税金を支払わないでいると、文章や、電話や訪問などで催告が行われます。

催告が行わるころには、給料や預金、不動産などの財産調査も行われ、差し押さえの準備に入ります。

催告が行われても納付がない場合には、差し押さえになりますが、滞納が悪質であると判断されると、予告なしで滞納処分が実施されることもあるようです。

督促状がきてしまうと、差押処分までのカウントダウンがはじまってしまいます。

差押処分になると、預金や、生命保険、車や不動産などが差し押さえられ、思いのほか大変な目にあいます。

督促状がくるまで滞納してしまっている場合は、差押処分になる前に、即日融資で借りれるキャッシングなどを利用してでも、すぐに税金を支払ってしまった方がよいかもしません。

即日振込融資ですぐに借りれるキャッシングはこちら!

-ここなら借りれる

Copyright© ここなら借りれる金融会社 , 2019 All Rights Reserved.